カナダからメキシコへ旅する蝶の大群がすごい!

その他

 カナダからメキシコへ旅する蝶の大群がすごい!
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

北米からメキシコへ渡りをする蝶々がいます
その距離 3000キロとも5000キロとも言われています

英語名は「Monarch butterfly 」帝王の蝶 です
まさに帝王の蝶です。
日本名 オオカバマダラ

この蝶々が木に止まっている様が光景がなんとも凄いです


オオカバマダラの移動は世界でも長距離であることが有名です。記録ではカナダでマークされた個体がメキシコで確認され、その移動距離が3,300kmにもなることが判明しました。また、この時期コースを外れた蝶がまれにイギリスで採集されることもあります。

出典 http://www.pteron-world.com

  夏の終わりから秋の初めにかけてサナギから成虫になるオオカダマダラは、日が長く暖かい夏の時期に成虫になるほかのチョウとは異なる。彼らは壮大な旅をして戻ってくるのだ。冬を目の前にして成虫になると、すぐに長い旅に向けて飛び立つ準備を始める。翌年の冬の移動が始まるまで、夏の間に何世代かの世代交代が繰り返され、前年に大移動を行ったひ孫の世代が次に越冬の旅に出ることになる。けれども、どういうわけか、新しい世代は祖先と同じルートをたどり、時にはまったく同じ木に戻ることもある。

出典 http://natgeo.nikkeibp.co.jp

Monarch butterflies amazing migration to Mexico オオカバマダラのメキシコへの越境

The Magnificient Monarchs 驚異のオオカバマダラ

5000キロ移動して越冬する蝶 個体数増を確認

これまでにオオカバマダラが1日の中の時間と地平線の太陽の位置を把握する能力があることがわかっていましたが、それらの情報をどのように集め、処理しているのかが不明なままでした。

ワシントン大学の研究チームを率いるエリ・シュリザーマン教授によると、オオカバマダラは視覚的な能力を使って、あらかじめ決めたルートを通って移動をしているそうです。

シュリザーマン教授たちはオオカバマダラは太陽の位置を確認をしながら、触角に備わった人間と同じような1日周期の体内時計を体内でそれらを太陽コンパスとして情報を統合し、目的地を目指しているのだと考えました。

触角に備わった体内時計ニューロン
目に備わった方位ニューロン

これらの能力によってオオカバマダラは太陽の位置を常に把握することができているということです。
シュリザーマン教授はBBCの取材に対し「神経回路が2つの信号を受け取ると、それらを統合します。それは、正しいコースから外れないように修正が必要になったときに知らせてくれる、制御信号とどうつながっているかによっている」と説明しています。

もちろん、メキシコに南下するときだけではなく、北米に帰るときにもこのメカニズムによって正しいルートを通って戻ります。その際、コンパスの先を南西から北東へと変えての家路になります。

出典 http://www.news-overseas.net

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
1
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!