圧倒される秦の始皇帝の権威を見に行ってみよう

中国

圧倒される秦の始皇帝の権威を見に行ってみよう
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

中国を初めて統一したと言われる秦の始皇帝
紀元前221年のこと

その始皇帝のお墓が1974年に発見され、
歴史家、考古学者、そして世界に驚きをもたらしました。

生存中から作らせた陵墓の完成は彼の死後だったそうです。
この巨大な墓が見つかった経緯は近くの農民が井戸を掘っていて
兵馬俑を発見したのです。

第一坑からは6000体の武士俑が見つかっていてそれぞれの兵俑の顔の表情が異なっています。
兵俑の身長は1,8メートル、木造戦車は6台、馬は24頭が出土、約1,5メートルとほぼ等身大

第二坑、第三坑からも戦車部隊、騎馬部隊は発見され全部で7,000体ほどが出土しています。

現在は元の出土場所からおよそ1,5km離れた博物館に当時を再現しつつ陳列されています。


これは非常に見る価値がありますね。
当時はどれほど世界を驚愕させたことでしょうか!

ちなみに中国を統一する前の名前は「政」、統一して自らを最初の皇帝
という意味で「始」皇帝と名ずけました

それでは見ていきましょう

まるで山のような始皇帝陵

秦の始皇帝陵と兵馬俑博物館

それにしてもよくこれだけの数の兵馬を作ったものです。
感嘆してしまいますね。

Terracotta Warriors of Qin Shi Huang Mausoleum 始皇帝陵出土 兵馬俑

中国皇帝の始まり…秦の始皇帝と漢!(世界史#9)

ここで中国史をおさらいしてみましょう

国力をつけ灌漑事業、土木工事も行った始皇帝ですが
晩年には不老不死の長寿を望み徐福に薬を探してくるよう依頼します。

また「焚書坑儒」を実行しました。

「焚書坑儒」

中国の秦の始皇帝が行ったとされる思想統制策。

始皇帝に登用された法家の李斯は丞相(大臣)に上りつめ、前213年、儒家の書物を焼き払い、拒否する儒家は死刑にすることを提案した。李斯の儒家弾圧の根拠は、儒家は過去の時代を理想化し、現代を批判して人々を惑わしていること、皇帝の出す法令に批判を加え、その権威をあやうくしていること、にあった。始皇帝はその建言を入れ、焚書令を発し、いわゆる五経や論語など、儒家の書物を提出させ、焼き払った(焚書)。翌年は儒者の中に皇帝を誹謗するものがいたという理由で、首都咸陽にいた儒者すべての460余人が生き埋めにされた(坑儒)。坑儒の坑は生き埋めにすること。この史実は、漢の時代に儒教が官学となってからの歴史書(司馬遷の『史記』)に書かれていることなので、誇張があるかも知れない。法家の思想に基づき法律の力で国家を統治する必要があると考えた始皇帝にとって儒家の仁義孝悌の思想や「徳治主義」という統治者論は許せないものであったことは確かであろう。

出典 http://www.y-history.net

始皇帝陵は完成までに70万人、36年を要したといわれます

ピラミッドは現在では王の墓とは考えられていませんが人間が作ったものとしては
秦の始皇帝の墓、仁徳天皇陵と比べられる大きさですね

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録