あなたが知らないモアイ像の神秘に迫ります

その他

あなたが知らないモアイ像の神秘に迫ります
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

世界7大不思議の一つ である イースター島のモアイ像

ここにはモアイ像が900体近くも存在します

イースター島の所属するチリよりもタヒチからのほうが距離的に近いのですが
タヒチから飛行機でも5時間半かかるところに位置するので
なかなか観光にいきましょう!とはいきません。

最近の調査で地面に埋まっているモアイ像を掘ると体と足があることがわかりました。
しかも背中にはなにやら文字らしきものが彫られているものもあります。
なんと書いてあるのかは研究を待たなければなりませんが非常に興味深いですね

ところで何体も整列しているモアイ像はどこを向いていると思いますか?
海の方角を向いていると思われがちですが実は内陸部を向いているのです。
これもまた興味深いですね。

さてそれではちょっとイースター島を覗いてみましょう!


南太平洋のポリネシア文化圏の東端のイースター島。 島民たちが“ラパ・ヌイ”と称すイースター島は世界で一番隔絶された偏狭※に位置する島。そこにはエジプト、インカ、マヤの巨石文明と並ぶ謎の文明の栄華が残存しています。
※人の住んでいる大陸(南米)からも3,700キロ離れている。

この周囲約60キロ(面積171平方キロ)のこの小さな島に、約900体もの石像(モアイ)が残存しています。尚、モアイ像の修復プロジェクトには日本のクレーンメーカーのタダノが大きな役割を果たし、ポリネシア考古学の権威である篠藤喜彦博士も考証に参画されるなど日本人にも縁深い地です。

周囲約58kmのこの島は、世界遺産にも指定されラパヌイ国立公園と称されています。 約4,000人の島民のたいはんはハンガロア村に定住し、彼らは自らを"ラパヌイ=Rapa Nui"と呼び、彼らの日常会話でもラパヌイ語が用いられています。

出典 http://tahiti-weddingbell.com

【衝撃ミステリー】モアイ像の下を掘ってみた結果…謎のペトログリフが!

写真などでしっている整列したモアイ像は外、つまり海側を向いていると思っている人が多いと思いますが、実は一箇所を覗いては内陸部を向いて立っています

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法